消費者金融で新規の契約申し込み

683

消費者金融で新規の契約申し込みをすると、勤務先へ本人の在籍確認電話がかかってきます。通常は、プロミスでも同じです。
ただし、プロミスでは利用者の事情に配慮します。電話による在籍確認が困難な場合は、ほかの方法で在籍確認を致します。
それは、社員証、社会保険証、直近の給与明細などを提示して頂く方法です。これにより、申し込み時に記載して頂いた会社に在籍していることが確認できます。その場合は、勤務先への在籍確認電話はありません。申し込み時に「勤務先に在籍確認の電話を入れる」と言われた場合、「都合が悪い」と申し出ると、こうした方法で対応してくれます。
ただし、あまりも強行に勤務先への在籍確認電話を拒否すると、借入限度額を希望より低く設定されてしまうこともあります。不審に思われるためです。相談の時には注意しておきましょう。
また、不審に思われるという観点から述べますと、複数の金融機関・消費者金融に短期間に複数の申し込みをすると、審査で落ちる原因になります。自転車操業状態なのか、返済能力はあるのか、と疑われてしまうからです。一度、審査に落ちてしまうと、同じ信販系の別の消費者金融などに申し込んでも、融資契約を断られることになります。

債務整理

消費者金融

カードローン

キャッシング

急にお金が必要になった

610_HOTE86_yubinebijyo15104337500_TP_V1

急にお金が必要になったけれど手持ちの現金も預金も足りない、という経験は誰にでも一度や二度はあるものです。そんな時に味方になってくれるのが、銀行系ローンや消費者金融です。申し込み当日に審査・承認・融資ができる銀行・消費者金融も複数あります。 
ただ、心配なのは、契約時、勤務先にかかってくる在籍確認の電話。この電話、自分で取れれば、人に知られず問題ないのですが、中々思惑通りになりません。
そんな中で在籍確認を必要としない会社があります。プロミスとモビットです。
プロミスは、審査申し込みの際に「会社への電話確認は控えてほしい」と伝えれば、利用者の事情を考慮してこれを省略してくれます。
モビットでは、契約申し込みをWEB上ですべて行なう審査プログラムがあります。WEB申し込みを利用すると在籍確認なしに契約ができます。
お金を借りる契約をしたいけど在籍確認は困るという方には「プロミス」や「モビット」が良いでしょう。

消費者金融からの借り入れ

imgres

消費者金融からの借り入れ契約時に気になるのが、勤務先への在籍確認の電話でしょう。個人名で電話を入れるなどの気配りをしてくれることが多いですが、取引関係でもなさそうな個人名での電話を取次がれると、同僚や上司に不審に思われるのではないかと心配ですね。なぜかと言うと、たとえ個人名でかけてきたとしても、こうした消費者金融と契約したことのある人が、この電話に出てしまうと、「もしや」と気付かれてしまうこともあるからです。
この在籍確認の電話は、消費者金融会社からすると、本人が本当に働いているのかを確認するために必要です。
とは言え、借り入れ契約時の勤務先への在籍確認電話をなしにできないものでしょうか?それなら、プロミスのWEB契約が解決してくれます。必要書類を提示するだけで、勤務先への在籍確認の電話を省略できるのです。必要書類をWEBで提示すると、自宅にカード発行に必要な書類が届きます。この書類に記入・捺印して返送するとカードが発行可能となります。
そのほか、ご家族に知られたくないので自宅に書類を郵送されるのも困るという方のために、無人契約機で手続きする方法もあります。「お金が必要、でも家族に知られずに」と言う場合にはこの方法がピッタリです。
お急ぎの時も無人契約機を利用して契約すれば、その場でカードが発行されて即時キャッシングが可能になり便利です。

ワキ脱毛 おすすめ